京都・京田辺で創業90年の木村工務店。新築・リフォーム|注文住宅|木の家|家づくりのことは木村工務店に

京都・京田辺で創業90年の木村工務店。新築・リフォーム|注文住宅|木の家|家づくりのことは木村工務店にお任せください。

木村工務店 木村工務店 木村工務店
木村工務店:ブログ

木村工務店ブログ&イベント

2020年10月24日

屋根のリフォーム

木村工務店

京田辺注文住宅 リフォーム のLIXILリフォームショップ 木村工務店 粟倉です。

みなさんこんにちは。

またまた久々の投稿になってしまいました。

つい最近まで暑かったのに、ここ最近は急に肌寒くなってきましたね。

みなさん体調にはお気を付けくださいね。

 

さて、今回は屋根のお話をさせて頂きますね。

屋根材にはいくつか種類があるのですが、今回は最近流行り?(僕の中だけかもしれません。)のガルバリウム鋼板の屋根材でガルテクトというモノのご紹介です。

 

ガルテクトの良いところは、軽くて高耐久なところです。和瓦の約1/10くらいの重さで、亜鉛が入っている為、鉄が錆びる前に保護をしてくれます。また、遮熱性塗装で仕上げられていたり、断熱材も入っているので熱も伝わりにくくなっています。

 

従来の鉄板屋根のイメージだと錆びやすく、熱も伝わりやすいイメージを持たれているかと思うのですが、最近の鉄板屋根はすごく進化していておすすめですよ。

しかし、コスト的には少しお高くなってしまいます・・・

ですが、現在カラーベスト屋根で葺き替えを考えておられる方にはおすすめです。

 

その理由は、現在お使いのカラーベストには非飛散性のアスベストが含まれている可能性が有り、処分費がかなり高くなってしまいます。そこで今の屋根材を撤去して屋根を葺くのではなくて、上に重ねて葺くことで処分費を抑えることができます。カラーベストの上にカラーベストを葺くこともできるのですが、ガルテクトだと重さが約1/4に抑えられるのと、屋根の下地に少々の段差ができていても、屋根材が割れたりする心配がなく葺くことができるのです。なので、処分費を抑えた分、性能が良いモノをつかってもコスト的にはあまり変わりません。

 

屋根材をかえたり重ねて屋根を葺くと軒樋を変えないと上手く雨を受けてくれないのですが、ガルテクトだと軒樋を変えなくても雨を受けてくれるように施工できる場合があります。そうなると、カラーベストを葺くよりも性能が良くコストも下げて葺くことができるかもしれないですよ。

 

最近の現場写真があったのでご紹介させて頂きますね。

 

まず最初に、防水シート、ルーフィングと呼ばれるものを貼っていきます。写真カッパと書いてあるグレーのものです。

防水シートは屋根材の下にもしも雨水が侵入してきてもお家に入らないようにするためのシートです。

 

そして、防水シートを貼ってから、屋根の下側から順番にガルテクトを葺いていきます。ガルテクトの上側には反しがついていて、そこに次のガルテクトを引っ掛けていきます。

 

 

両側から屋根のてっぺんまで葺いてきたら最後に屋根棟を取り付けたら完成です。鉄板屋根でも今風の屋根みたいでかっこいいですよね‼

 

みなさんもぜひ一度検討してみてください。

 

ご相談の際には

京田辺注文住宅 リフォーム のLIXILリフォームショップ 木村工務店 までよろしくお願いいたします。

それでは今回はこのへんで

粟倉でした。

お問い合わせお問い合わせ
Copyright © 2019 株式会社木村工務店 All Rights Reserved.